demaekan

出前館 不正 クレジットカード
出前館 不正利用 不正使用
犯罪
クレジット 不正使用 不正利用
キャンペーン
登録
なりすまし
成りすまし
身分証明

出前館を不正利用する犯罪が急増している!!!!

自分の所有していたクレジットカードが不正利用されたAさんの取材を行った。
A氏は、出前館もましてやウーバーイーツなども全く経験のない男性だ。

「 突然 夜にクレジット会社から連絡が来て すみません 利用について確認したいことがありますって。出前館を利用していますか?」
「 当然 何にも知りませんでしたから いえいえ全くありませんって」
「 11月20日に中華料理の珍来屋2260円 11月21日に かつや 高円寺北口店2170円 11月22日マクドナルド・イオン南砂店・・・・」
「 どれも使用していませんし 出前館ってあのダウンタウンの浜ちゃんのコマーシャルのあれですよね 」
「 警察も 出前館での不正利用含めた同様な犯行が急増していて問題視しており調査中です。 」
「 被害額は総額で3万円弱といったところでしょうか・・・」

またA氏は、出前館にも確認してみたところ
このような返信があったのみであったという。

お客様

こちらは出前館カスタマーセンターと申します。
お問い合わせ頂きまして誠にありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが、弊社に登録されている個人情報につきましては
個人情報保護の観点よりお伝えすることができかねます。

また同様に、個人情報保護の観点から、お客様がご利用のクレジットカードに
関する情報も保有しておりませんため、カード情報等から利用履歴をお調べ
することが出来かねます。

ご心配をお掛けしている中お力になれず誠に申し訳ありませんが、
今一度カード会社へご相談いただきたく存じます。

お手数をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承の程、お願い申し上げます。

///////////////////////////////////
株式会社出前館
 出前館カスタマーセンター
 E-mail support@demae-can.com
///////////////////////////////////


早速A氏は、経産省と消費者センターにも書面での報告を行った。窓口では同様な報告が相次いでいるとのこと。

A氏は、「 出前館の登録をしてみたところ杜撰なシステムに驚愕しました。クレジット番号さえ知っていれば誰でも簡単に同様な犯行を行うことができるのです。」
そんなことしたらすぐに捕まるでしょと私が伝えると
A氏は 「 今や 何十万人も住所を持たないカフェ暮らしの人や毎週毎週場所を変えて生活するひとがいる時代ですからね それにオレオレ詐欺の集団の飯がわりに出前館が利用されていた可能性も警察の方は言っておられました。なぜなら今回の被害の中に同日で東京・京都で飲食が出前館より清算されていたのです!」
「となると犯罪グループが組織的に出前館を不正利用しているという可能性がある?」
「 まさにその通りです。」


A氏は 出前館サポートセンターに下記のメールを送ったそうだ。

f818d6228f600151154aa75266884428

サイバー関連の警察に確認させていただきましたが
出前館における同様な犯行が今年になってから下半期急増されています。
これはクレジット情報自体のスキミングなどが問題かと当初は疑っていたようですが
どうやら貴社の登録システムの簡易さ(セキュリティーの甘さ)と何処にも指定した場合配送できるシステムを利用したものであり 原因の一端は貴社のシステムにあると考えます

では通常のセキュリティー以外の欠陥について指摘させていただきます。

一般的なアマゾンや楽天等のカード情報入力と貴社のシステムとの大きな違いは
どこの場所でも配送できるという点です。
逆に言えばクレジット情報の住所関係なく他所への配送からスタートできる点です。

他社の場合は支払うカード会社に記録される住所と名前の一致があって
まずはその場所への配送を前提に利用が始まり、その後 配送住所が追加などされる方式となっています

貴社のシステムを登録してみましたが
このシステムですと どんな方でも誰かのクレジット番号と名前等さえ知っていれば
簡単にどこでも配送できてしまう状況にありました。

セキュリティーの仕方としては
例えば
⓵クレジットカードでの支払いに関しては 原則 クレジット情報の住所に配送を限局する
⓶別場所への配送を要望する場合に関しては 免許証や保険証の写真情報との照合をもって許可とする
そのうえで
⓷二段階認証などを採用いただく

などの方法が国際的な標準となっておりますのでご検討ください

最後に ネット情報として出前館での不正使用があまり掲載されておりませんのでとても違和感を感じましたし貴社のホームぺージ上においても何ら記載がされていないことも気になります。
改善がなければ同様な出前館のWEBを利用した不正犯罪は今後どんどん増していくと予想されます。

このシステムのピットフォールに何か社会的に感じる方が会社上層に存在することを祈っております。

A氏は続ける

「 まさかと思いましたが少額なので分かりにくい可能性もあります。今の時代、クレジット利用を再確認しない老人も多いですからね 必ず 再確認ください そして出前館などのような杜撰なシステムを直ちに改めてほしいですよね そうでないと被害者はあとをたちません・・」

「 特に注意すべき被害者像は、①出前館を全く利用していない ⓶出前館がまだ普及していない地域
⓷クレジットカードを所持している ④アマゾンやappleにクレジット情報を登録している 特徴があるようです。 クレジット利用状況を必ず確認してくださいね 」

「 そして出前館さんは、この安易で欠陥だらけの登録システムを刷新すべきです。ホームページをみますとクレジットの不正使用を防ぐために 身分証明とクレジットカードを配達時に照合する場合があると記載されていますが これは時代逆行甚だしいお粗末な行為であり これこそ個人情報保護の観点に触れますよね。 どこぞの信頼できるかもわからない店員さんに玄関先でクレジット番号を見せるなんて危なくて出来ませんし。 今はクレジットカード番号を直接 他人に晒さないようすることが一番の基本ですから!! 今度はその店員から情報が不正利用されてしまいます!本末転倒ですよ、それなら最初からクレジット提示をしないよう徹底した安全管理を出前館がするべきでしょう。 つまり指摘したように 事前にWEB上でクレジットカードと身分証明の照合を済ませておくべき!です。 こんな安易なシステムで店舗拡大を計画した出前館にこそ大いに問題がありと言わざるおえません 」

プレゼンテーション1
「 図表に示すように、従来の犯罪構図は本人のアカウントを盗んで不正使用していたのですが、今回の出前館の構図は 本人に気づかれないように成りすまして本人アカウント作成登録して不正使用しているものです。 加えて小額面で知らない土地でやり取りされて本人が気づくのが困難というのが特徴となっています。やはり簡単に本人に成りすましてクレジットカード登録ができているのが一番の元凶なんでしょうね」

出前館

LINEは出前館を実質子会社化し、Uber Eatsなどが存在感を強めるフードデリバリー事業で「圧倒的なNO.1を目指す」としている。 資本金は11億円。
中村利江は、日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」の代表取締役会長。

代表取締役社長 藤井 英雄 取締役 藤原 彰二 取締役 鈴木 孝知 取締役 清村 遙子

取締役 舛田 淳  社外取締役 森 一生  社外取締役 富山 浩樹 常勤監査役 鈴木 孝光

監査役 赤塚 宏 監査役 辻 哲哉  監査役 奇 高杆 
執行役員:藤原彰二 鈴木孝知 清村遥子 宮下淳 山本裕司 斎藤正 藤根力

最新の株式市場変化


ダウンロード